本文へスキップ

鎧兜買取販売 甲冑「本陣」

鎧兜販売買取 甲冑専門店「本陣」
TEL.0743-79-9466

商品情報 item blog

商品紹介 甲冑BLOG


  最も古い記事へ  前の記事へ 



   2020年11月23日

 最近のテレビってネット接続して色々見られるので便利ですが、ちょっとトラブルがあるとパソコンと一緒で直すのが大変です。SONYに問い合わせしようとしたのですが、電話やメールの他にLINE窓口ができてました。電話はなかなか繋がらないだろうし、物は試しとLINEで相談することに。

 定型文がたくさん用意されているようで、対人に切り替わってからも機械を相手にしているのかというスムーズさで案内されます。最終的には自分で設定変更したせいからくる不具合で申し訳なかったのですが、なんとか解決することができました。昔よりできることが増えて便利なのか不便なのかわかりませんが、今のところなんとかついていけています。


 先日買った象嵌鐙

馬具、鐙 馬具、鐙 馬具、鐙


 剣三つ柏の家紋が象嵌されています。左右どちらにも使えるようになっており、正式名称かわかりませんが無双鐙というようです。価格は10万円。






   2020年11月21日

 昨日は岡山で武具の市場がありました。強者揃いな市場なので欲しいものはなかなか思うように買えないところですが、買いがダメなら売ってみろの気持ちでいくつか出品することに。

 予想通りの展開でこれといった品は買えず。出品はそこそこうまくいったのでわざわざ車で行った甲斐がありました。

 明日も市場なので朝から出かけますが、三連休なのでどこも人や車が多いでしょうね。コロナが増えてきているので遠出することは無いと思いますが、近場でもいいのでどこかへ紅葉狩りにでも行きたいです。


 まだ商品ページにアップできてないです。近日アップします。

小星兜、上杉、甲冑






   2020年11月15日

 ここ数日急に忙しくなってブログの更新をすっかり忘れていました。
忙しい時に限って他の用事も重なるもんで、鳥取の親戚から松葉ガニが送られてきて、疲れて帰ってきたのにそこから三時間も蟹と格闘することに。ありがたいんですけどもう少し暇な時だったら良かったのになあ。とか言ったら送ってくれた親戚にも仕事をくれるお客さんにも悪いですね。

 昨日ご近所の方が伊万里のお皿などを持ってこられました。焼き物を勉強していない私でもそれがさほど古くないことはわかりました。明治大正頃の雑器など二束三文です。とお伝えすると昔に私の父から1万円で買ったものだと。
 20年ほど前は骨董ブームでなんでも売れたそうですが、今ならメルカリで100円てところでしょう。父も古い在庫の道具類や陶磁器を買った値段の1割や2割で処分しています。今後何が上がるかはわかりませんが、それらが上がらないことはわかります。

 「バックトゥザフューチャー」みたいに未来に何が上がるかわかれば大儲けなんですけどね。そんなことわかったらつまらないでしょうけど。




 ウェブサイト用に撮ってた写真です。

甲冑、小星兜

 長い角元に朱の大きな日輪前立がついています。東北から出てるそうなので上杉家とか関係あるかも。時間に余裕ができたら商品ページで公開させていただきます。






   2020年11月10日

 お店で作業していると女性の警察官がこのチラシを持ってパトロールに回ってきました。


 こわっ(ll゚Д゚)
 玄関先に包丁持って立ってます。このくらいした方が注意喚起にはいいかもしれません。特殊詐欺、押し込み強盗の他にもSNSで外出していることを確認して空き巣に入るなどの手口もあるようです。つぶやくこともためらわれる世の中ですねぇ




 商品ページに一点だけ追加しました。

野馬追、伊予札胴

 サイズはけっこう大きめです。飾ると迫力ありますし、着用にもいかがでしょうか。






   2020年11月9日

 歳のせいか寝るのが早くなりました。最近では11時までには寝て、5時か6時くらいに目が覚めます。今日もだんだん眠くなってきたのでお風呂入って寝ます。


 練革黒漆塗五十六間筋兜
 先日ご紹介させていただいた龍蒔絵五枚胴に付属の兜です。



 安倍晴明判という珍しい家紋です。練革特有の割れも無く状態が良いです。


 鉢裏には義通形写とあります。先日の胴は夕方に外で撮ったので少し黄色っぽく映っていますね。実際の色は兜の写真との中間くらいです。





   2020年11月7日

 先日買ったポスターの額を誂える為に大阪へ。普段の買い物は県内で済みますが、大阪から近いので何かあるとすぐ出かけます。それゆえ県内の商業があまり発展しないんですね。さすが県外就業率全国1位の奈良県です。

 目当ての画材店で希望のものができなかったので近くの阪急百貨店へ。
 
 へんてこなオブジェ。私の趣味ではありませんが有名な方だそうです。

 新しい試みのショップや展示にさすが関西百貨店業界の雄だなと感心しました。地元の百貨店がスーパーマーケットに見えます。奈良だったらこんなオブジェ置いても年にひとつも売れないでしょうね。



 練革雲龍蒔絵五枚胴
 小桜革威しの練革五枚胴です。胴に波濤と雲龍の蒔絵が施されています。袖と草摺は練革本小札。五枚胴の後まで波濤の蒔絵は続いています。






   2020年11月5日

 今日は珍しくメールも電話もない穏やかな日でした。11月に入ってから急に落ち着いて、10月の忙しさが嘘のようです。


 昨日紹介させていただいた桃形兜には実は胴と籠手があります。もともと具足で購入したのですが、胴と籠手以外は全くの合わせ物だったので外しました。

甲冑、黒田家 甲冑、黒田家 甲冑、黒田家

 鉄黒漆刷毛目塗鋲綴桶側六枚胴
兜と胴、籠手まであればパーツを補って具足にすることも難しくはないのですが、余計な事しないでこのままにしておきます。

甲冑、黒田家 甲冑、黒田家 甲冑、黒田家

 胴の内側は革を張らずに漆を塗っています。兜とセットですと150万円です。



  最も古い記事へ  前の記事へ 



shop info店舗情報

甲冑武具の専門店 本陣

〒630-0122
奈良県生駒市真弓1-6-3
TEL.0743-79-9466


English enter