本文へスキップ

鎧兜買取販売 甲冑「本陣」

鎧兜販売買取 甲冑専門店「本陣」
TEL.0743-79-9466

商品情報 item blog

商品紹介 甲冑BLOG


  最も古い記事へ  前の記事へ 



   2020年10月28日

 ブログも書かないとと思いながら忙しさにかまけて間が空いてしまいました。甲冑武具を取り扱っているとすぐに散らかるので、しょっちゅうお片付けと掃除をしないとすぐにゴミ屋敷になってしまいます。
 買っては整理して片付け、途中で手入れや修理、終わらないうちにまた買っての繰り返しです。結局のところ物を減らさないと本当の意味では片付かないのですが、圧倒的に買いが先行しているので片付くわけありません。

 明日は二件と思ったら三件仕事がバッティング。一つしか選べないので義理がかかる仕事を優先しました。朝早いので早めに寝ます。


甲冑、明珍在銘、具足 甲冑、明珍在銘、具足 甲冑、明珍在銘、具足

 梅鉢紋の鉄錆地具足。胴に注文主と甲冑師の名前が刻まれています。

甲冑、明珍在銘、具足 甲冑、明珍在銘、具足 甲冑、明珍在銘、具足

 面頬の打ち出しが見事です。前立以外は一作の貴重な甲冑です。価格等はお問い合わせください。





   2020年10月22日

 年に3回くらい、疲労が溜まり過ぎて仕事イヤイヤ病に罹患します。今日発病したのですが、だいたいいつも3日から一週間で治るので来週中には完治するはず。
アレクサー、鎧売っといてー


足軽胴 足軽胴 足軽胴

 今日買ってきた練革の足軽胴です。どこの家紋でしょうね。

足軽胴 足軽胴

 こはぜは無くなっていますが内側も綺麗です。価格は5万円。





   2020年10月21日

 東京で市場の大会があったのですが、世の中にこんなに鎧ってあるんだなというくらい全国から甲冑が集まって大盛況でした。私は小物を少し買っただけですが、欲しいものが買えたのでよかったです。

 昼休憩を挟んで四時間ほどですが、競りのスピードが早いし見てすぐ決めないといけないので非常に疲れます。夜は飲みすぎて目が覚めたらデザートのピノを溶かしてしまっていました。これやるの何回目だろう


 明日も市場。たまには落ち着いて錆びた兜でも磨いて過ごしたいです。






   2020年10月17日

 用事が多すぎてあまり行きたくはなかったんですが、大会なので道具市場へ行ってきました。雨もひどいしテンション低め。そんな調子だから凡ミスしてしまいました。

鎖帷子

 左の鎖帷子が珍しいなと見ていたのですが、間違えて右のを買ってしまいました。後から出てきた左のも買ったのですが、こんなミス初めてです。

鎖帷子 鎖帷子

 これも状態は良いので品物自体は悪くないです。中に鎖が入っています。35,000円。


鎖帷子 鎖帷子 鎖帷子

 こちらは襟回しがついて籠手は取り外し、家紋も描いてあります。中は触った感じ星型のような金具を鎖でつないでいるようです。65,000円。


 帰りに傘を腕にかけてぶら下げているのに気づかず、スタッフに忘れ物はないかと聞いてしまいました。額に眼鏡かけたおじいちゃんじゃないんだから(笑)

やはり疲れが溜まってますね。20日は大きな市場があるのでそれまでに回復しておかないと、もっと大きなミスをやりかねません。あー温泉行きたーい






   2020年10月16日

 仕事の傍ら一泊旅行してきました。ホテルのロビーには甲冑のディスプレイがあり、現代物とはいえなかなかの迫力でした。


 信長は光り輝く南蛮胴具足。後ろでは何故か徳川家康と本多忠勝が戦っています(笑)


 gotoキャンペーンの地域共通クーポン。遊園地の入場料の支払いにも使えました。ここまでは良かったのですが、ジェットコースターに乗るときもマスクしないといけないこともあってかなり疲れました。拘束され、マスクをつけられ、高速で360度振り回されるんだから拷問みたいなもんですよね。歳とったなあ


 仕事も最近は忙しいのでタスクが溜まりまくり。ひとりだと何かは諦めないといけないんでしょうけど、コロナで暇だった時のことを思い返すともったいなく感じてつい残してしまいます。
はっ、今寝てました。明日に備えてもう休みます。






   2020年10月13日

 今日は娘の学校の懇談に行ってきました。学校はコロナ対策を考えてくれていますが、学生たちが律義に守れるなんて思えないので発生しないことを祈るばかりです。
 急いで帰ってそれから市場へ。今日は小物を少し買っただけでしたが、これ以上散らからないで済んでホッとしてます。


 買ってきた前立です。何の形でしょうね。この兜の角元にはぴったりでした。


 商品ページにはこちらの前立付で載っていますが、どちらかは好みですかね。どちらをつけても価格は同じです。前立だけなら35,000円。






   2020年10月12日

 箱を開封して内容品やコンディションなど確認するなど繰り返して疲れました。具足は動かすだけで疲れるのに、梱包材や埃など後片付けもしないといけないので骨が折れます。

 あー物多すぎ片付かないイライラするーと思いながらも目の前に品物が出てくるとつい買ってしまう。さらに散らかって身動きとれません。普段はひとりで気楽に作業してますが、たまに忙しすぎて誰かに手伝ってもらいたくなります。
 眠くなってきたのでこのへんで

前立 前立 前立

 獅噛の前立です。






   2020年10月11日

 少し空いてしまいましたね。あちこち行っていたのですが、帰ってくると荷物の山になっています。


 出張疲れが残っているせいもあって、半分開けただけで疲れてしまって続きはまた明日です。


 奈良県生駒市の特産品に茶筌があります。全国シェアは驚異の90%以上!
室町時代から500年以上続く伝統産業で、高山という地区で生産されています。年に一度竹あかりというイベントが催されていて、今年初めて行ってみました。


 会場には竹でできたアート?がライトアップされておりライブや露店など思った以上の人出で賑わっていました。


 明日は続きの開封作業です。何かしら商品紹介できればと思います。







   2020年10月7日

 みなさん家に帰って仕事の話を奥さん旦那さんとしますか?
うちは話はする方だと思います。が、話をするのと理解が得られるのとは大違い。
うまくいっても「ふーん」
ちょっと高く買っちゃったかなーと言えば「なんでそんなん買ったん?」
売ったら売ったで「そんな安く売ったの」
ケンカになるので「そんな単純じゃないんよ」と受け流しますが、頭の中ではげんこつでグリグリしてます。

 先日も錆びて見た目汚い甲冑をどこまで修理しようか考えていて、生まれは良いのでうまくやれば高く売れるかなーとつぶやいたら「そんな汚いの売れるわけないやん」とか言われてカッチーンときました。そのまま業者市場で売っちゃおうかとも考えていましたが、意地でも小売りしてやる!みとけよボゲ!と火がついて絶賛手入れ中です。
この怒りがモチベーションに…

ん?もしかして乗せられてる?
まさかね


面頬、烈勢面、根尾正信 面頬、烈勢面、根尾正信 面頬、烈勢面、根尾正信

 鉄錆地の烈勢面です。無銘ですが根尾派の作風な気がします。良い鉄味です。

面頬、烈勢面、根尾正信 面頬、烈勢面、根尾正信

 垂れも金で見栄えがいいですね。価格は30万円。





   2020年10月6日

  思いつかない時に書こうとするとしんどくなって続かなくなるので今日は商品紹介だけ
。頑張らない!

 珍しい朱の具足櫃です。





   2020年10月4日

  もう10月ですね。例年即売会などイベントがある時期ですが、今年は制限ある中で開催というところが多いです。業者市場はほぼ平常運転に戻っているので、今月は出張が増えそうです。何か良い品物に出会えるといいなあ。


 ブログを始めて最初に紹介させていただいた具足の兜です。実は同時に買った他の部品類の中にあった筋兜がその具足にもともとついていたもので、入れ替わっていたことにしばらくしてから気が付きました。


 その甲冑はもう売却してしまったのですが、烏帽子兜だけが残りました。少し傷みがありますが、時代は江戸前期くらいありそうです。



  最も古い記事へ  前の記事へ 



shop info店舗情報

甲冑武具の専門店 本陣

〒630-0122
奈良県生駒市真弓1-6-3
TEL.0743-79-9466


English enter